猫も風邪をひく!

寒い日が続き、コロナウィルスも爆発的に増え続け、皆さんも不安の中お過ごしのことと思います

ところで、猫も人と同じように風邪をひくことがあります。通称「猫風邪」とも呼ばれています。ただし、「猫風邪」というのは病名ではありません。人の風邪のような症状がみられる感染症を、分かりやすいように「猫風邪」とまとめて読んでいます。

代表的なものとして、猫ヘルペスウイルスが原因の「猫ウイルス性鼻気管炎」と猫カリシウイルスが原因の「猫カリシウイルス感染症」があります。

お外でこんな野良猫ちゃんを見かけたことはないでしょうか?

主な症状は?

くしゃみ・鼻水・鼻詰まり・目ヤニ・涙目・咳・口内炎・結膜炎・発熱など、人間の風邪に似たようなものです。

健康な成猫であれば猫風邪が命に関わることは少ないですが、子猫や免疫力の落ちている高齢の猫ちゃんでは重症化して肺炎などを引き起こし、命に関わることもあります。

原因は?

主なものはヘルペスウィルスとカリシウィルスですが、クラミジアなどの細菌が原因になることもあります。

また、厄介なのは、ウイルスは一度治っても体内に残ることがあり、普段は大人しく隠れていても、免疫力が下がったりストレスを感じたりしたタイミングで、また症状が出てしまうことがあります。

どのようにしてうつるのでしょう?

猫風邪の原因となるウイルスや細菌は、くしゃみ・鼻水・咳などによる飛沫や、猫同士のグルーミングなどによる接触でうつります。

また、室内飼いの猫ちゃんには、飼い主さんの衣服や体についたウイルスが外から運び込まれ、うつることもあります。

治療は?

残念ながら、人の風邪と同じで、特効薬はありません

一般的には症状に応じて抗生物質やインターフェロン等の投与などを行い、対症療法をします。同時に、栄養価の高い食事や脱水しないように水を飲ませて、猫自身の免疫力で戦えるよう、サポートします。

猫風邪の予防

実は、ワクチンがあり、予防ができる病気でもあります。

ただ、皆さんもよくご存知だと思いますが、ワクチンは感染を100%予防するものではありません。なるべく感染させない、そして感染したときに最大限症状を抑えるために、子猫の頃から定期的に混合ワクチンを接種しておくことが大切です。

また、室内飼育を徹底し、日頃から食事や生活環境を整えてストレスを減らし、猫ちゃんの免疫力を維持できるようにしましょう。

最後に

動物も感染症対策には定期的なワクチン接種が大切かお分かりいただけたでしょうか?

大切な家族が健康に過ごせるように予防をしっかりしていきましょう!

ワクチン接種をご希望の方、もしかしたらうちの子風邪を引いてしまったかもしれないとご心配の方遠慮なくご相談下さい。

Scroll to Top