フィラリア予防のお知らせ

ノミダニに引き続き、フィラリア予防のお知らせです。

フィラリア症は、寄生虫であるフィラリアの幼虫(ミクロフィラリア)が、蚊を媒介にして犬の体内に入り、心臓の機能障害を引き起こす感染症です。

予防薬の投薬期間は、青森県南地域では6月~11月となっております。

投薬前には、昨年の予防がしっかり出来ていたか確認の血液検査が必要です(去年の夏以降に生まれた子は今年は検査の必要はありません)

万が一、検査を行わず、幼虫(ミクロフィラリア)が血液中に大量にいる状態でお薬を投与すると、ショック症状を引き起こすことがあり大変危険です⚠️

投薬までに必ず検査をお済ませ下さい。投薬開始近くになると混雑が見込まれますので、早めの検査をお勧めします。

ノミ・マダニ予防も兼ねて是非ご来院下さい。

当院にご来院いただいている方にはそろそろおハガキが届くと思います。

追伸・・・フィラリアはフェレットやネコにも感染する可能性があります。検査方法がまだ確立されていないので検査の必要はありませんので、予防期間にしっかりと予防をしてあげて下さい。お気軽にご相談下さい。

Scroll to Top