3色のアマガエルが揃い踏み

 長野県安曇野市堀金烏川の「国営アルプスあづみの公園」で、ピンクを帯びた肌色のアマガエルが展示され、人気を集めているそうです。

 肌色のカエルは、黒色色素がない突然変異の個体で、赤い目が特徴。
 昨年9月、同公園大町・松川地区の建設現場で作業をしていた男性が発見したとのことです。発見時は黄色だったのが、冬眠中になぜかピンク色に変色したそうです。気温の上昇で活発に活動し始め、徐々にピンク色が抜けているといいます。
 黄色色素を欠いた鮮やかな水色のアマガエルと、通常の緑色のアマガエルも展示中だそうです。(YOMIURI ONLINEより)
 いろいろな突然変異がありますが、色の変化は気がつきやすいですね。色の変化に伴って他のところに異常がでなければいいですね。ちなみに、色の遺伝で言うと、三毛猫ちゃんのほとんどすべてがメスだというのは良く知られていますよね。
 

Scroll to Top