胴長犬

 つい先日のことなんですが・・・
少食なだけで健康がとりえのバロンが体調を崩しました
夜、家に着いてすぐにバロンたち6匹を一気にケージからだしたところ・・・・
バロンが「ピーピー」鳴きながら、不自然な歩き方で出てきました。
後ろ足をついて歩くのが痛そうで、立ったままブルブル震えていて
その日はもう夜だったので、翌日一緒に病院にきました
病院に来たときは、もう大分痛くなくなったみたいで普通に歩いていたんですが
それでもいつもよりは、走り回ったりせず大人しかったような気が
結局その夜だけ痛そうにしていて、今のところは元気そうなバロン
病院にきても、歩けていたので特に治療もしてないんですが
やっぱり思い当たるのは、ヘルニアです
チョコも同じようになったことがあるんですが、胴長犬の宿命なんですね
いつも元気なバロンですが、あと1ヶ月で6歳。チョコはもうすぐ8歳。
まだ1歳未満の子犬たちと一緒に遊んでいるところをみると、年を忘れそうになるけど
年齢と体型と・・・色々考えて労わってあげないといけませんね

Scroll to Top