低体温症

 東北では3月も下旬と言うのに雪が降り、春の訪れがまた遠のいたようです
この雪は被災地の方の生活や、色々な活動を困難なものにしていることでしょう。
今回、津波で多くの方が亡くなられましたが、病院には水に長時間浸かっていたため激しい低体温で運ばれてきた方、また汚染された水を誤嚥して重度の肺炎になった方が多かったと聞きました。
低体温症というと、うちの病院でも寒い日が続くと弱ったわんちゃんが運ばれてくることがあります。
体温を測定してみると、体温計では測定できないほどに低下していることもあります。この子たちのほとんどは老齢で、また認知障害のある子が多いように思われます。より体温調節がうまくいかなくなってしまったのでしょう。犬は毛に覆われているからどんな子でも寒さに強いと思わず、特に老犬は注意してあげてください屋内の暖かい場所に移動させてあげるなど。手遅れになると命を落とすこともありますから。

Scroll to Top