フィラリア症予防薬の投薬期間

 おはな早い地域ではフィラリア予防が始まっていることと思います。
しかし「なんで11月や12月の寒い蚊のいないような時期まで飲ませないといけないの?ぶー」なんて思ってらっしゃる方もいるのでは?
でもフィラリア症のお薬病院は最後の投薬が大切なんです。と言うのもフィラリア症のお薬は飲んだら1ヵ月効果が持続しているわけではないのです。駆虫薬ですので飲んだその時だけ作用して虫を駆除します。つまり蚊に刺されて体内に入ってしまったフィラリアの幼虫を1ヶ月後にまとめて駆除するのです。なので蚊が見られなくなってから1ヵ月後を最後の投薬としています。逆に投薬の開始は蚊が出始めてから1ヶ月後からで良い訳です。長くなってしまいましたが、フィラリア症はきちんと予防すれば100%予防できる病気です。正しい投薬で大切な愛犬を守ってあげましょうラブ!ちなみに当院では6月から11月です。(もちろん地域によって異なります。)

Scroll to Top