猫の毛色

今日は猫の毛の色について書きたいと思います

猫の毛の色といえば何色を思いうかべますか?
三毛?茶トラ?アメショー柄?
今でこそ様々な色がある猫ですが、実はもともとの色は1つだったと言われています。
それは・・・いわゆるキジトラといわれる色です
このキジトラという呼び名は日本だけのもので、鳥のキジのような柄をしているからという説があります。正式には「ブラウン・マッカレルタビー」といいます
ブラウンは茶、マッカレルは魚のサバです。つまり茶色のサバ模様というわけです

もともとの猫の祖先の動物はすべてこのキジトラ一色だったそうです。
野生では真っ白や真っ黒は目立つため自然淘汰されていき、残った色がキジトラだったようです。
言われてみれば野生種の猫科の動物たち、代表してイリオモテヤマネコなんかは確かにキジトラ柄ですよね
その後人間に近いところで生きていくうちに、キジトラ以外の色も確立していったようです。

猫は毛の色に準じて目の色のパターンも決まっています。
黒猫は黄色、白猫は青か黄色かその両方、シャムなどのポイントのある猫は青、三毛は黄色といったようにパターンがあります。
DSC_0730.JPG

我が家のにゃんこ2号ですが、この子は面白い色柄をしています。
「シールポントタビー&ホワイト」という色です

この写真ではみえませんが、おなかにぐるぐる渦巻き模様をもっています
アメリカンショートヘアーにみられる模様の不完全なものですが、この子のチャームポントです
DSC_0670.JPG
そしてこちらにゃんこ1号ですが、この子は「ブルー・マカッレルタビー」といいます
灰色のサバトラ模様ですね、笑
調べたところこの毛色の猫の3分の2はオスだそうです。
うちのこはメスです、3分の1の貴重なメスですね
避妊手術済みですけど・・・。笑

病院には様々な色柄のにゃんこが来ます。
この子はどんな色かなー?と密かに楽しんでいます

Scroll to Top