熱中症にご注意を!

東北も梅雨入りし、ジメジメ、ムシムシ不快ですね(>_<)

そろそろ熱中症に注意が必要な時期になって来ました。

真夏じゃないからと油断ぜずに、人もペットも早めに予測して対策をとっていきましょう!

ワンちゃんやネコちゃん達は全身が毛で覆われているので、想像以上に暑いはずです。

また、お散歩は人よりも地面からの熱を近くで受けるので、暑い時間帯のお散歩は危険です。

日中のアスファルト、実際に触ってみてください、とっても熱くなっています🔥

特に注意が必要なのは、人でも同じですが、高齢の子、心臓病など基礎疾患がある子、また、シーズーやブルドッグなどの短頭種の子、肥満の子達など。

これらの子達は体温調節がとても苦手です、暑さも、寒さも苦手なので室内を適正温度に保ちましょう。

【熱中症の症状】

初期症状:

・体を触ると熱い

・呼吸数や心拍数が増える

・よだれが増える 

・落ち着きがなくなる

・目や口の粘膜の充血

重篤化した場合:

・嘔吐や下痢

・発作

・ぐったりする

・意識がなくなる

熱中症は、体温の上がりすぎと、脱水の影響で全身の細胞が障害を受け、正常に機能しなくなることであらわれます。ワンちゃんの平熱は38℃前後ですが、42~43℃を超えるような高体温に長時間さらされると、多臓器不全となり死に至ります。

いかに初期症状の時点で発見できるかにかかっています!

もし熱中症になってしまったら】

もし熱中症にかかってしまったら、下記のような応急処置を行いながら、速やかに動物病院を受診しましょう。

・風通しの良い涼しい場所に移動させる

・水で濡らしたタオルを身体全体にかける

・首や脇や股の太い血管があるところにタオルを巻いた保冷剤をあてる

・水分を与える(意識のない時は危険)

くれぐれも体温の下げ過ぎには注意をしてください。体全体に水をかける時は冷水ではなく常温の水にしましょう。

適した温度湿度は?

犬種や健康状態にもよりますが、人が快適と感じるよりもやや涼しめな温度・湿度がいいでしょう。温度は26℃、湿度は50%くらいがおすすめです。

Scroll to Top