放射線治療

今日はちょっと堅苦しいタイトルですが悲しい
現在の医療において、人間でも動物の世界でも最大の敵ぶーと言っても過言でない「癌」、そんな「癌」と戦う武器のひとつとして、放射線治療があります。
獣医学領域でも外科治療、化学療法とともに主流になって来ています。
でも大学などや特殊な場所でしか行えないのでみなさんにも身近ではないですよね。実はお恥ずかしながら私たちもなんです。放射線治療は他の治療では根治できなかったものや、再発防止、末期的で少しでもQOL(生活の質)を上げる緩和療法などで使用されます。
また放射線治療器にも二種類あって、通常の照射タイプとより深部のターゲットに照射できる(非常に高価びっくりな装置)タイプです。
十和田市の北里大学では最近後者のタイプを導入したそうです。
私たち獣医師は敵のことを良く知って、最大の武器で戦わなければいけないのです。ってえらそうになっちゃいましたが、やっぱりこれで少しでも動物のQOLが上がって、苦痛が取り除ければいいですよね。

Scroll to Top