子宮蓄膿症

 子宮の中に膿が溜まる子宮蓄膿症という病気で、子宮と卵巣を摘出する手術が最近立て続けにありました。この時期は多いようです。と言うのは発情期と関係があるからです。わんちゃんねこちゃんの発情期には、子宮頚管が開くため外から細菌が入りやすく、発情が終わると子宮頚管が閉じ侵入した細菌が中に閉じ込められて、感染が起こり膿が溜まっていきます。発症が多いのは仔を生んだことのない中~老年齢です。徴候は水をたくさん飲みたくさんおしっこをする、元気食欲がなくなる、嘔吐など、膿が溜まるのでお腹が膨れることも、また膣から膿が出てくることもあります。
症状が進むと命に係わります。この病気を防ぐには赤ちゃんを産ませる予定がないのであれば避妊手術をするのがベストです

Scroll to Top