about, medicines, health food

薬の飲ませ方 わんちゃん編

わんちゃんに薬を飲ませるにはどうするか?についてお答えします。

まず大事なのは、子犬のころから歯磨きなどのトレーニングを行い、飼い主様が口に触ることを嫌だと思われないようにすることが大切です。

口を触る→褒めてあげる→歯磨きをする→しつけ用のおやつを与える→この繰り返しが大切です。諦めない気持ちと。

ここからは当院でもお配りしている雑誌PEPPYと、当院も加入しているペット手帳の動画配信を見ながら解説していきます。

錠剤の場合

  1. 天井を見るように頭を上げると口が開きやすくなります。
  2. 上顎の犬歯の後ろすぐ近くを親指と中指で上から挟み込むように持って口を開けます。
  3. 2で持っている反対の手で錠剤を持っておきます。
  4. 舌の真ん中で、なるべく喉の奥へ押し込むように入れます。
  5. 口を閉じて、飲み込むように喉をさすってあげたり、鼻先にフッと息を吹きかけてあげます。
  6. 上手に飲めたら褒めてあげます。

粉剤、液剤の場合

  1. 粉剤の場合は、注射器かスポイトにあらかじめ必要な水を量ってから、その水で粉剤を溶かします。
  2. 片方の手で鼻先を少し上げます。
  3. もう片方の手でスポイトを持ち、犬歯の後ろの歯のないところに差し込んで少しずつ入れて、ごっくんしては入れてを繰り返して飲ませて下さい。
  4. 上手に飲めたら褒めてあげます。

食欲のおおせいなわんちゃんは、お薬をフードに入れてそのまま出してもバクバク食べちゃう子も多いとおもいます。

どうでしたか?うまくできましたか?

Scroll to Top