受け付け

 



手 術室

 さまざまな手術を行うところです。


超音波診断装置

 お腹の中の臓器を調べたり、心臓の血行動態、心機能の測定が可能です。

高周波手術装置及び、アルゴンプラズマ凝固装置

 一般的な電気メスの機能のほか、内視鏡に接続して、内視鏡下で腫瘤の切除・幅広い止血の処置が可能です。またアルゴンプラズマ凝固を使用することで、oozingに対して有効的に止血できます。

全自動血球計算機

  高性能タイプの血球計算機です。
赤血球数や白血球数、血小板数などが調べられるだけではなく、網状赤血球数や、白血球をさらにリンパ球、好酸球、好塩基球、単球、好中球に分けてカウントすることができます。
赤血球系の異常や、白血球の異常の際に、極めて有効な検査機器です。
   

生化学測定器

  血糖値、腎機能、肝機能、cCRP、コレステロール値、電解質などさまざまな測定が可能です。

心電図・麻酔器

  主に手術時の心電図、呼吸状態、血圧、体温がわかります。下は麻酔器になります。

眼科検査機器

  眼の表面や眼の奥を調べることができます。

ICU-BOX

  温度管理や酸素濃度管理ができる部屋で、重症患者さんの部屋です。
半導体レーザー

  少ない出血量で組織を切開したり、糸を使用せず血管をシールしたり、イボを蒸散したりする機械です。
消化器内視鏡診断装置

  いわゆる胃カメラです。レントゲンでは確認できない胃内を直接見ることができます。また、組織を採取して検査したり、異物を摘出することが可能です。
CRデジタルレントゲン

  レントゲン撮影の際、今までのフィルムではなくデジタル処理することにより、鮮明な画像を得ることができ、診断精度が向上します。
顕微鏡

 診察室のモニターに画像を写し出すことができます。
ジェネレーターGEN11

 1台で、超音波凝固切開装置 とバイポーラティシューシーリングシステムが 使用可能です。約8mm径の血管までは縫合糸を使わないでシールすることができます。そのため、ほとんどの手術において、結紮の為の縫合糸を使用しなくて よく、糸に対する免疫反応の心配がなくなります。また、手術時間を大幅に短縮できるため、ペットにかかる負担が少なくて済みます。
血液凝固検査器

 迅速な血液凝固検査が院内で可能になりました。外科手術前のスクリーニング検査による手術時の出血リスクの低減や、DIC診断の一助等、出血傾向にある患者の迅速な診断治療ができます。



COPYRIGHT(C) 不二動物病院 ALL RIGHTS RESERVED